胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 胃がんは一般にもよく知られている病気ですが、その症状は知らないことも多いと思います。
胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる疾患です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性の腫瘍作るがん細胞は進行するとともに、胃の外側へも転移し、更に他の臓器へも転移していきます。
胃がんの転移は多くの方がリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。胃がんに限らず、がんの治療は早期に発見する一番重要なことです。

胃がん症状と原因

胃がんの発症原因に考えられる食生活
胃がんは、少し前までは日本人の死亡原因の第一位に挙げられていましたが、近年では男女ともに第二位に挙げられています。
もともと日本は胃がんの発症率が世界的に見ても高い国で、アジアの他の国でも同様に多く、アメリカでは胃がんの発症率は多くありません。
アジアの国の発症率が多い理由は日常の食生活にあるのです。

胃がんの原因究明
胃がんの発症原因は現在明確には判明しておらず、原因究明が待たれています。しかし、最も有力に考えられていることは、胃の粘膜の生成している細胞が何らかの原因で傷つき、この細胞ががん化し胃がんを発症すると考えられています。
この胃を傷つける何らかの原因には、日常の食生活が大きく関わっています。胃がんの発症のために良くないといわれる食生活について考える必要があります。

和食は塩分量に注意
胃がんの発症原因と考える胃へのダメージは、食べ物から取り込む塩分です。一日の摂取量を超えない程度であれば問題はありませんが、過剰な摂取を日常的に行っている方は、胃がんの発症リスクは高くなります
和食のなかで保存食として塩分がたくさん使われている食材があることです。和食は健康増進に良い食事ですが、注意しなければならないことは塩分量です。和食に塩分はたくさん使わされていますので、塩分だけ控えることです。

胃がんの原因にもなるピロリ菌
胃がんの発症原因は、胃の粘膜へのダメージが原因と考えられています。そして胃がんや胃炎、胃潰瘍(いかいよう)と深い関係にあるものに、ピロリ菌があります。ピロリ菌は胃の疾患の原因になることがわかりました。
ピロリ菌は人の胃の中に生息し、日本人の2人に1人は、このピロリ菌に感染していて、その割合は高齢になるほど感染率が高くなるといわれます。
もしピロリ菌に感染していても、すぐに胃潰瘍や胃炎、または胃がんに発症するとは限りませんので、医師の診断のもとで治療が必要であれば、改善を行いましょう。

<PR> 脱毛ラボ 評判

胃がんの原因と症状

胃がんと治療