胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの初期症状:胃の不快感に注意!

胃がんの初期症状は、自覚症状としてはほとんど感じない、わかりにくいものです。
それ故に、胃がんの早期発見は難しく、発見が遅れ進行するケースが多くみられます。
胃がんを早期に発見するには、がん検診などの定期検診を受けることをおすすめします。

胃がんの初期症状は、胃に感じる不快感です。
しかし、この胃の不快感を感じる頃は、胃がんが進行している可能性があります。

胃がんの初期症状で感じる胃の不快感は、過食や飲み過ぎの時に感じる、胃の不快感に似ていて、普段からあるような、胃の調子が悪いと考える程度のものです。
ですから、ほとんどの方は市販の胃腸薬で改善しようと考えます。

この他に胃がんの初期症状では、カゼを引いたような感じがあります。
カゼの初期症状では、食欲がなくなり吐き気をもよおし、腹痛を伴うことがあります。
このような症状が現れたときも、多くの方は市販のかぜ薬を飲んで改善しようとします。

上記の症状の他には、排便の色が急に黒くなることです。
また、貧血が頻繁に起きることです。
これらの症状は、他の疾患の症状ではと疑うでしょうが、胃がんの初期症状でもあることを、覚えておきましょう。

これらの症状が現れたときに、胃がんではないかと疑う方は、それほどいないでしょう。

これらの初期症状は、胃がんが疑われる初期の症状です。
他の疾患と間違えやすいことや、よもや胃がんとは考えたくない感情から、胃がんを見過ごすケースが多いので、必ず医療機関で精密な検査を受けることをおすすめします。
これを見過ごすことで、胃がんを進行させ、治療が難しくなることはよくあります。
胃がんは早期発見・創痍治療が完治への早道です。

胃の不快感や上記の訴状が現れたときは。必ず医療機関で検査を受けましょう。