胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

早期胃がんと進行胃がん

胃がんは、その機能を果たす胃の粘膜部分の深い所から発症します。
もとはこの胃の粘膜を作る組織の一つが、突然、細胞ががん化することから始まります。
胃がんはこれが始まりで、がん化した細胞が増殖していきます。

胃がんは他のがんい比べて、進行が遅いがんといわれています。
胃がんは初期症状が自覚しにくい、自覚症状のわかりにくいがんですが、がん検診などで発見されれば、これは、早期胃がんとして完治が望めます。

この段階での胃がんは、胃の粘膜の下層部に、がん化した細胞の腫瘍が小さく、溜まっている状態です。
この時には自覚症状はほとんどなく、検査以外での発見は難しいでしょう。
しかし、この段階での発見が、胃がんの治療では望ましいです。

早期胃がんが更に進行すると、進行がんとなります。
この段階になると胃がんは、筋肉まで進行し治療の方法が少なくなり、完治が難しくなってきます。

胃がんの進行スピードはどの程度の速さで、進行していくでしょうか。
胃がんの進行スピードはもちろん個人差があり、すべての方に当てはまりませんが、早期胃がんの状態で数年間維持している方もいます。
早期胃がんの状態であれば、様々な治療ができ、完治まで治療の効果が期待できます。

胃がんは進行を止めることはなく、症状が悪化するにつれてそのスピードは増していきます。
そして、範囲も広がり周辺の臓器へ転移します。
進行胃がんの状態になれば、転移のスピードはリンパ節への転移で、他の臓器へ更に転移してきます。

進行胃がんは、ほとんどの場合まずリンパ節へ転移し、そして肝臓へ転移していきます。

胃がんの進行状態を知る目安として、吐血は胃がんの中期にあると判断します。