胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん原因は胃へのダメージ

胃がんの発症原因は現在、明確には判明しておらず、まだ推測の段階です。
現在、胃がんの発症原因として、最も有力に考えられていることは、胃の粘膜の生成している細胞が、何らかの原因で傷つき、この細胞ががん化し胃がんを発症すると考えられています。

胃がんを発症させないためには、胃の粘膜を生成している細胞を傷つけなければ良いのですが、具体性の欠けた予防法になります。

胃の粘膜を傷つけやすい方はどのような方かといえば、タバコを吸う人、お酒を飲む人、辛いものなどの刺激物が好きな人、暴飲暴食をする人などが挙げられます。
また、ストレスも原因になります。

胃の粘膜を生成する細胞が傷つくということは、外傷のような傷ではなく、上記のような生活習慣が続くことで胃がダメージを受け発症します。
具体的には、胃炎をよく起こす方や、胃潰瘍があり治療が長引いて、胃へのダメージが大きい方です。このような方は、胃がんに注意が必要で、年に一度は胃がんの検診を受けることをおすすめします。

胃がんの改善には日常の食生活も大きく関わり、胃がんが日本人に多く、アメリカ人にはhっしょうが少ない理由がわかります。
それは、昔より日本人が保存食として、塩分の多い食事を摂ってきたことにあります。
塩分の多い食事は、胃の粘膜を傷め、傷つけるといわれています。

和食は低脂肪で低下ラリーな食事として、好ましい食事ですが、塩分が多いので、塩分量を気を付ければ理想の食事ですから、塩分の摂りすぎには気を付けましょう。