胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの転移は進行を速める

胃がんい限らず、がんの恐ろしいことは、進行して別の場所に転移することです。
最初は胃に発症していた、悪性の腫瘍はやがてリンパ節を介して、肝臓へ転移するケースが多くみられます。
早期胃がんの進行を抑え、進行胃がんへ進行させないためにも、早期の治療が大切になります。

がんの進行スピードは、早いと思われがちですが、実はそれほど速くないといわれます。
また、早期胃がんの段階であれば、がんの腫瘍も胃の粘膜の下部層に溜まっている状態ですから、手術で切除も難しくなく、治療方法もいくつか行うことができます。
早期胃がんであれば、完治の可能性は十分にあります。

しかし、早期の胃がんでは自覚症状が少なく、わかりにくいことがほとんどで、腹痛や頭痛などの症状はありますが、軽度な症状なので見過ごしやすく、深刻には考えないために放置され、胃がんは進行する場合が多くなります。

症状が進行し、身体に異変を感じ始めた頃には、進行胃がんになり悪化していることがほとんどです。
進行胃がんになることで、悪化するスピードは増し、リンパ節へ転移し、更に肝臓へと転移していきます。転移していく進行がんは、そのがん細胞の増殖が速くなります。

胃がんのリンパ節への転移は深刻な状態で、その転移した場所にもよりますが、手術で切除できれば、完治に近い回復が可能ですが、最悪の場合は、治療方法も少なくなり延命治療しか残っていないケースも考えられます。

胃がんの進行で、これにと追従するように治療法も少なくなっていき、最終的には延命治療になり、命を長らえるだけの治療になります。

がん細胞の転移した場所により、切除できれば切除しますが、部位によって切除できないケースもあり、この場合は進行を抑えることしかできまぜん。