胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの再発の可能性

胃がんの限らず、がんは再発をすることがあります。
胃がんを発症したが治療が良く、症状が改善されがんを克服できたが、数年後に以前発症していた場所や、新たな場所にがんが発症する場合があります。
これをがんの再発といい、必ず起こるものではありませんが、その可能性はあります。

一度がんにかかった方は、再発防止のために定期検診や自己管理を十分に行う必要があります。

がんの再発は、初回のがんの発症よりも治療が難しく、完治も難しくなります。
例え、再発のがんが早期に発見できたとしても、治療の上で困難な問題が起きてきます。

がんが再発する原因の多くは、初回のがん治療の時に、完全にがんの腫瘍が取り除かれていなかった場合です。
これは、がん細胞の切除の難しいところで、すべてを取り除たはずなのに再発の恐れがあることです。
がん細胞は、たった一つのがん細胞が残っているだけで、数年後に再発します。これはがん細胞がこれだけ繁殖と増殖力が強いことがわかります。

胃がんの場合、がん細胞の切除と同時に、胃の臓器そのものも切除します。このために再発は多くの場合ありませんが、がんの発見が遅くなれば、それだけ再発のリスクも高くなります
つまり、がんが転移するリスクも高くなることです。

胃がんの場合、進行する速度は他のがんと比較して遅いといわれます。
このことから、再発したがんが見つかっても、がん細胞を切除しやすいことです。
ただし、再発したがんの場所が他の臓器やリンパ節に転移している場合は、切除手術も難しくなることがあります。

胃がんは放置して自然治癒することはなく、どんどんと進行します。
再発には定期検診や自己管理が重要になります。