胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの原因と過剰塩分摂取

日常の食生活の乱れは、様々な疾患の原因になります。
胃がんも例外ではなく、最も考えられる原因の一つです。

ごく一般に考えて、暴飲暴食は胃へのダメージが大きく、食べ過ぎや飲み過ぎの後の不快感があれば、市販の胃腸薬などで治そうとする方は多いでしょう。

胃がんの原因と考える、胃へのダメージは、このようなダメージではありません。
もちろん、日常的に暴飲暴食を続けていることは良くありません。胃がんに発症するリスクも高くなります。

胃がんの発症原因と考える胃へのダメージは、食べ物から取り込む塩分です。
一日の摂取量を超えない程度であれば問題はありませんが、過剰な摂取を日常的に行っている方は、そうでない方に比べると、胃がんの発症リスクは高くなります

日本人の食生活の和食は、欧米人が食する洋食に比べると、低カロリーで低脂肪な、健康的にヘルシーなバランスの取れた栄養価のある、人の身体によい食事とされています。
しかし、和食のなかで保存食として塩分がたくさん使われている食材があることです。

和食は健康増進に良い食事ですが、注意しなければならないことは塩分量です。
和食に塩分はたくさん使わされていますので、塩分だけ控えることです。

塩分が胃に与えるダメージは、胃の粘膜を溶かしてしまいます。
胃の粘膜が溶けてしまうとそこが傷つき、がん細胞のように突然に悪性の腫瘍が発症するなど、疾患の原因になります。
現在は、胃がんの発症原因はこのようなメカニズムと考えられています。


食事の中で、一食での塩分を大量摂取すると、胃の粘膜は溶けてしまいダメージを受けやすくなります。

胃がんの発症を予防するものはビタミンCが良いといわれています。
積極的にビタミンCを取り入れるようにします。また、乳製品や果物が予防に効果があるといわれています。