胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんなどの疾患にピロリ菌

胃がんや胃炎、胃潰瘍(いかいよう)と深い関係にあるものに、ピロリ菌があります。
ピロリ菌は近年話題になり、耳にしたことのある方も多いでしょう。
ピロリ菌は正式名を「ヘリコバクターピロリ」と言い、胃の疾患の原因になることがわかりました。

ピロリ菌は人の胃の中に生息し、日本人の2人に1人は、このピロリ菌に感染していて、その割合は高齢になるほど感染率が高くなるといわれます。

ピロリ菌は胃の中で自由に動き回り、様々な障害を引き起こします。ピロリ菌が引き起こす障害の中で、ピロリ菌が生産するアンモニアがあります。
このアンモニアは、ピロリ菌が胃の粘膜に付着することで起こる障害と、同様の悪い影響を及ぼします。

胃の疾患である胃炎や胃潰瘍(いかいよう)は胃の粘膜が傷つくことで、胃が炎症を起こし、胃壁が溶け穴が空くという症状を引き起こします。

これが原因で胃がんへと発症する方もいますので、原因となるピロリ菌には注意が必要です。
胃炎や胃潰瘍を発症している方は、このピロリ菌を減らす治療が必要になってきます。

胃がんの発症原因が、必ずピロリ菌であるとは限定されず、他の要因もあります。
またピロリ菌が胃に感染しているから、胃がんになるともいえません。

ピロリ菌が胃に感染しているか検査することができます。
これは簡単な検査で、「尿素呼気テスト」という検査を行います。
検査方法は試薬を飲み、風船に息を吹き込んで調べます。
これだけの検査で、ピロリ菌に感染しているかがわかります。

もしピロリ菌に感染していても、すぐに胃潰瘍や胃炎、または胃がんに発症するとは限りませんので、医師の診断のもとで治療が必要であれば、改善を行いましょう。
ただ、胃炎や胃潰瘍、胃がんの発症リスクは高くなりますので、今後は注意が必要になります。

ピロリ菌の排除の治療方法は、飲み薬で治療・改善を行いますので、それほど患者の負担は多くないでしょう。