胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

ストレスが胃がんの発症原因に

胃がんの発症原因は、胃の粘膜を傷付けることで発症すると考えられています。
この胃の粘膜の傷とはどのようなものでしょう。

胃にダメージを受けやすい環境は、どのような環境でしょうか。
胃がんの発症原因を、このダメージを受けやすい方から見てみます。

胃は精神的なダメージを受けやすい臓器といわれています。
胃が痛む方は、現代社会には多いでしょう。
社会生活やいろいろな悩みは、胃に強いストレスを与えるでしょう。

この強いストレスはなかなか解消されず、慢性化しやすいです。
慢性化したストレスは、なかなか解消されず、胃に負担が掛かり、胃炎や胃潰瘍といった疾患を発症させます。


胃がんの発症しやすい方に、胃炎や胃潰瘍を起こす方や、慢性的に胃炎や胃潰瘍を起こしている方がいます。
やはり、胃がんの発症原因である、胃の粘膜のダメージが、胃の細胞をがん化させると考えられます。
慢性的に胃炎や胃潰瘍を起こしている方は、胃がんの発症リスクも高いので、注意が必要です。
また胃炎や胃潰瘍の治療や改善を早期に行うことが大切です。

胃がんと精神的なストレスは、直接には関係がないですが、間接的に胃炎や胃潰瘍から胃がんが発症する考えは、間違っているとはいえません。

ストレスは、ハッキリと確認できるものではなく、どの程度ストレスが溜まっているかは、計ることはできません。
しかし、日常の生活の中で、うまくストレスが発散できる生活習慣を、身につけることが大切になります。

仕事で受ける強いストレスも、発散できる、何か没頭できる趣味やスポーツなどを見つけ、ストレスのない生活が、胃がんの発症を抑えます。