胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんはタバコが大きな原因になります

胃がんの原因を考えると、日常の食生活とタバコが考えられます。
胃がんの原因でタバコの影響は、すべての胃がんの原因を1とすればその1/3はタバコと考えられています。
タバコを喫煙するかしないかでは、胃がんのリスクは格段に多いといえます。
また、胃がんの他にも肺がんに発症するリスクも高く、こちらの方が発症率は高いと考えられています。

タバコは、すべてのがんに発症するリスクが高く、これはタバコが発がん性の物質を多く含んでいることにあります。
また、がんに限ったことではなく、様々な疾患の原因として考えられていて、「百害あって一利なし」などいわれますが、まさにその通りです。

タバコは喫煙する方だけでなく、周囲の方にも影響し、副流煙の害は実証されていて、タバコを吸わなくても、周囲にタバコをお吸う方がいるだけで、様々な疾患の発症リスクを高めます。
タバコを吸わない方も、これには気を付けましょう。

タバコが原因となる疾患は、ほとんどと言っていいほど、たくさんあります。健康のためにタバコを止めましょう。

胃がんの発症原因は、日常の食生活にも影響しますので注意が必要です。
また、ストレスの影響も考えられます。
胃がんの発症リスクを考えると、タバコを吸う方で、塩分の多い食生活を続けられている方で、日常の生活や仕事で強いストレスを感じている方は、胃がんの発症原因から考えると、最も危険な状態にあります。

このような心当たりのある方は、是非、定期的にがんの検診の受けるようにおすすめします。
胃がんは早期発見が治療のために重要です。


<PRサイト>
白髪染め おすすめ
人気の白髪染めを紹介。洗い流す必要のない塗るだけの白髪染め。