胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんのさまざまな治療方法

もし、胃がんが発見されたら、治療法はあるのでしょうか。
また、胃がんの治療はどのように行うでしょうか。胃がんの診断されると心配なことがたくさんあり、命に関わることなので、心配で精神的にも苦痛を強いられます。

胃がんの治療法は、胃がんの進行している状態によって行われ方が違い、また、個人差もありますので、ほぼすべての方がそれぞれの治療法になります。
しかし。胃がんの治療法は確立されていますので、概ね、症状の段階で治療法は決まります。

胃がんの初期の段階の早期がんでは、内視鏡というカメラを使い、これで患部を確認しながら切除手術を行います。
早期の胃がんであれば、腫瘍が切除しやすい部分に固まって発症していることが多いので、切除しやすく、切除後の他への転移や再発が少ないいわれます。
また、胃がんの進行はスピードが遅いので、発症してから数年間が早期胃がんと診断されます。
ですから、がん検査を定期的に行っていれば、発見されてもほぼ完治することができます。

しかし、胃がんの治療は進行胃がんになり、リンパ節への転移や、更に他の臓器への転移が診られると、切除手術だけでは改善できなくなります。

進行胃がんの治療で行われる方法は、放射線療法や抗がん剤を使う科学療法があります。

放射線療法は、胃がんが発症している患部に放射線を照射して、がん細胞を死滅させる方法です。
これは切除できない腫瘍に対して行われる治療法です。

抗がん剤の投与も同様に、がん細胞を死滅させる治療法で、抗がん剤の効果を経過を診ながら行います。
抗がん剤は、他の正常な細胞へも影響を及ぼしますので、副作用が強いことが患者の負担になります。

これらの治療法は、それぞれ併用して行われることが多く、早期がんで腫瘍が完全に切除できれば、治療期間も短く完治が望めます。