胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

内視鏡治療で胃がんを完治

胃がんは、初期の段階であれば、胃の粘膜の表面に発症していますので、内視鏡で確認することができます。
この状態は胃がんが「早期胃がん」の状態で、治療方法も多くあり完治することが可能です。
しかし。このまま放置し、胃がんが進行すると「進行胃がん」といい、胃の粘膜の更に奥へとがん細胞が進行します。
この状態になると、内視鏡でのがん細胞の確認は難しくなり、どの程度進行しているか目視が難しくなります。

内視鏡治療のできる限界はこの状態になる前で、進行するほどできなくなります。

内視鏡治療は、内視鏡というカメラの付いたチューブを口から飲み込み、胃の内部をカメラを通してモニターで確認します。
そして、がん細胞の主要がある部分に、ワイヤーを掛けて焼き切ります。
これが内視鏡手術で、がん細胞や胃の一部を切除します。

この手術を行えば、腫瘍は完全に取り除かれ、再発やがんの転移の可能性は格段に少なくなります。多くの場合経過を診て、完治したことになります。


胃がんが早期胃がんであれば、これ程簡単にがん細胞が切除でき、ほとんど再発はなくなります。

最近の内視鏡は、以前のものよりチューブが細く、カメラや機能の精度が向上し、より患者の負担が少なくなりました。
胃がんを発見するのも、切除するのも、内視鏡で行えます。

内視鏡手術の最大のメリットは、患者負担がほとんどないことです。以前のように開腹手術のような大がかりな手術では、回復にも時間がかかり、患者の体力的にもきついものでした。
また、胃の一部とがん細胞のみを切除することで、胃の臓器そのものを残すことができるので、社会復帰が問題なく可能になります。

胃がんは進行が遅いので、一年に一回のがん検診をおすすめします。
胃がんは早期に発見できれば、必ず完治できるがんです。