胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの基礎知識エントリー一覧

胃がんの5年相対生存率
胃がんは早期に発見できれば、必ず完治できる病気です。胃がんの進行は他のがんに比べ、進行が遅いがんですから、年に一回のがん検診で、十分に早期胃がんで発見することが可能です。まずは、早期発見できる生活環境を考えましょう。胃がんは早期胃発見できれば、何も心配することはありませんが、一般に言われている胃がんの生存率について考えてみます。生存率は、一般的にどの疾患においても、5年間の期間を目安に考えます。これを5年相対生存率と言います。5年相対生存率は、健康な男女や年齢の条件を同じにして、この方に対し胃が...
スキルス胃がんは発見しにくい
胃がんは早期発見・早期治療が完治への早道であります。しかしがんの発見が難しい、発見しにくい胃がんがあります。これは、症状は通常の胃がんと変わりなく、胃の粘膜にがん細胞が発症し腫瘍ができる症状なのですが、がん細胞の発症する場所が、深い部分に発症するため、通常の検査では発見が難しいのです。通常の胃がんでは、胃の粘膜の表層にがんの腫瘍ができ、内視鏡手術で切除が可能なのですが、最初から胃の内部の深部に発症するため、切除するより発見がでず、かなり進行してから発見されることがあります。この胃がんは「スキルス...
胃がんの予防にビタミンCが効果的!
胃がんにならない予防法はあるでしょうか。胃がんの発症の原因は、明確なところは解明されていませんが、原因として考えられていることは、胃の粘膜を傷つけることで、正常な細胞が変異を起こし、がん細胞を発症すると考えられています。胃炎や胃潰瘍も胃の粘膜が傷つけられることで、胃が傷つけられ起こる損傷です。この胃の粘膜を傷つけないようにすることが、胃がんにかからないようにする方法です。胃の粘膜を傷つけないようにするには、日常の食生活が大きく関わってきます。まずは栄養のバランスの取れた食事を心掛けます。次に、塩...
心の支えになる胃がん闘病記
胃がんの患者さんにとって、一人胃がんと闘うことはつらいものです。例え家族が支えになってくれても、治療中や手術後の一変した食生活のショックは、計り知れない絶望感があります。最近はインターネットで、病気と戦う奮闘記が寄せられています。様々な病気と戦う方の生活を綴った、まさに笑いと涙の奮闘記が寄せられています。胃がんと戦う方も、このような奮闘記はたくさん寄せられていて、インターネットであれば、同じ病気で悩んでいる者同士で、書き込みなどを利用して、励まし合うこともできます。これは、胃がんで戦う方には、強...