胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの5年相対生存率

胃がんは早期に発見できれば、必ず完治できる病気です。
胃がんの進行は他のがんに比べ、進行が遅いがんですから、年に一回のがん検診で、十分に早期胃がんで発見することが可能です。
まずは、早期発見できる生活環境を考えましょう。

胃がんは早期胃発見できれば、何も心配することはありませんが、一般に言われている胃がんの生存率について考えてみます。

生存率は、一般的にどの疾患においても、5年間の期間を目安に考えます。
これを5年相対生存率と言います。

5年相対生存率は、健康な男女や年齢の条件を同じにして、この方に対し胃がんやその他の疾患にかかっている方が5年後に、どれぐらいの確立で生存できるか、また生存しているかを数値で現したものです。

それでは胃がんについて生存率を5年相対生存率で考えてみます。

胃がんにはがんの進行状況によって、胃がんの程度を分類しています。
これはステージといい、1期〜4期までについて、胃がんの5年相対生存率が公表されています。

胃がんのステージは数字が大きいほど重要の胃がんであり、ごく初期の胃がんはステージで示されず、5年相対生存率は100%になっています。
つまり、初期の胃がんであれば、内視鏡の切除手術でほぼ100%完治できるということです。

それではそれ以上の進行胃がんについてですが、1期の胃がんでは90%になります。
更に進行して2期で5年相対生存率は73%、3期で43%と半分を下回ります。
4期になると6%と一気に生存率が下がります。

胃がんの生存率が、ステージが上がるほど生存率が下がることは、胃がんが重症化することにもありますが、進行胃がんが進行するにつれ、治療方法の選択肢が少なくなることで、生存率が激減します。

胃がんの早期発見が、如何に大切かは生存率から十分に伺い知ることができます。