胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの予防にビタミンCが効果的!

胃がんにならない予防法はあるでしょうか。
胃がんの発症の原因は、明確なところは解明されていませんが、原因として考えられていることは、胃の粘膜を傷つけることで、正常な細胞が変異を起こし、がん細胞を発症すると考えられています。
胃炎や胃潰瘍も胃の粘膜が傷つけられることで、胃が傷つけられ起こる損傷です。

この胃の粘膜を傷つけないようにすることが、胃がんにかからないようにする方法です。
胃の粘膜を傷つけないようにするには、日常の食生活が大きく関わってきます。
まずは栄養のバランスの取れた食事を心掛けます。
次に、塩分を控えた食事を心掛けます。

胃がんの発症原因として一番考えられる事は、塩分の過剰摂取になります。
塩分の摂りすぎは、胃の粘膜にダメージを与え、粘膜に損傷を与えます。

和食は洋食に比べ低カロリーで低脂肪な、健康増進には理想的な食事といわれていますが、日本古来の保存食として、塩分の多い食品が多くあります。
和食は醤油や塩を使った食品がありますので、この塩分を控えた調理方法が望まれます。

胃がんの発症原因には日常生活の習慣にも原因があり、これはタバコの喫煙習慣です。
タバコは胃がんに限らず肺がんのリスクも高め、両者共に発症の影響が大きいです。

胃がんの最も発症の原因として考えられるものは、このふたつが影響します。
これさえ気を付けていれば、胃がんにかからないわけではありません。
また反対に、塩分の多い食事を摂る方で、喫煙者であっても胃がんにかからない方はいます。

これは人が持つ免疫力の違いによる差が、このような結果を招いていると考えられます。

胃がんの予防に良いといわれる、積極的に取り込みたい食べ物もあります。
これはビタミンCです。
またタンパク源として、牛肉や豚肉に偏らず、魚や貝類も摂りましょう。また野菜や果物も積極的に取ることをお勧めします。