胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

心の支えになる胃がん闘病記

胃がんの患者さんにとって、一人胃がんと闘うことはつらいものです。
例え家族が支えになってくれても、治療中や手術後の一変した食生活のショックは、計り知れない絶望感があります。


最近はインターネットで、病気と戦う奮闘記が寄せられています。
様々な病気と戦う方の生活を綴った、まさに笑いと涙の奮闘記が寄せられています。

胃がんと戦う方も、このような奮闘記はたくさん寄せられていて、インターネットであれば、同じ病気で悩んでいる者同士で、書き込みなどを利用して、励まし合うこともできます。

これは、胃がんで戦う方には、強い励みになります。
また。この奮闘記には同じ病気で悩んでいる方が文を寄せていますので、治療のヒントになることもたくさんあります。
例えば、主治医に聞けないようなことも、寄せられていたり、質問を投げかけることもできます。
このようなやり取りで、疑問に思っていたことや、わからなかったことも解決することもあります。

また、交流が深まれば、治療に対しての経験からのアドバイスのやり取りもできるでしょう。
奮闘記に限らず、インターネットには、医師が立ち上げているサイトもありますので、病気に対しての知識を深めることができます。


奮闘記は患者本人だけでなく、看病する家族にも励みになります。
看病で得た知識や経験は、なかなか知ることのできないことで、このような奮闘記に書かれている経験は、貴重なものです。

胃がんの患者も、看病する家族も、誰もが始めても経験ですから、何を行うにも解らない事ばかりでしょう。
これを教えてくれるものは、このような奮闘記や経験談です。
是非、治療と看病に生かして頂きたいです。



<PRサイト>
私学 共済
私学共済の年金など掛金、宿泊施設、クレジットカードの発行。