胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの手術についてエントリー一覧

胃がんの手術方法は進行状況に左右する
胃がんの手術について考えてみます。胃がんの手術は、胃の内部にできたがん細胞のかたまりである、腫瘍の摘出手術になります。また、胃がんの手術は胃がん進行状況によって、その方法の変わってきます。胃がんはがん細胞を手術で摘出すれば、完治する方も多く、大きく改善する患者がほとんどです。ごく初期に、定期検診などで発見された早期胃がんであれば、内視鏡による摘出手術が可能になります。この場合であれば、胃の表層に腫瘍はあり、胃そのものの切除はないでしょう。また、リンパ節への転移がなければ、レーザーの照射で腫瘍を焼...
胃がん胃摘出手術後の合併症
胃がんの摘出手術には、手術後のリスクがあり、これは術後の合併症です。この合併症は、胃の摘出や消化機能の回復を行った患者に診られます。胃がんの手術後に起こる合併症にはふたつの種類があり、手術後の時間の経過で症状が変わります。手術後まもなく現れる合併症が、肺炎や縫合不全といった合併症です。この合併症については、治療をを受ければ必ず改善が診られますので、症状が現れたら治療を受けましょう。もう片方の合併症は、胃がんの手術後のしばらく経ってから現れる症状で、こちらは少し厄介な合併症になります。その合併症は...
胃がんと胃の切除後の食生活について
胃がんの治療で最も効果がある治療法は、胃がんの腫瘍を取り除く外科手術です。胃にできたがん細胞の腫瘍をすべて取り除くので、胃がんの根治術になります。がん細胞の腫瘍ができた箇所によって、胃を取り除くこともあります。また、腫瘍が小さければ、胃を取り除くことは避けられます。胃がんの腫瘍が、食堂側の噴門という食堂とつながっている部分にできた場合は、胃は全部摘出しなければなりません。しかし、これとは反対の幽門側にがんの腫瘍ができた場合は、幽門側胃切除といい、胃を全体の2/3から4/5ほど切除することで済みま...
胃がんとステージの意味
胃がんにはそのがんの進行状況や症状によって、ランク付けがされます。このランク付けは、胃がんい限らず他のがんに対しても分類されます。このランはステージといい、1から4までに分けます。この数字が小さいほど症状や進行状況は軽度で、数字が大きくなるほど重傷になります。胃がんの場合、ステージ1で発見することは困難で、ほとんどの方は1以上のステージまで進行して発見されます。それでは胃がんにおけるステージについて紹介します。ステージ1は、早期胃がんといわれる段階で、胃がんの自覚症状は、全くといっていいほどなく...