胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの手術方法は進行状況に左右する

胃がんの手術について考えてみます。
胃がんの手術は、胃の内部にできたがん細胞のかたまりである、腫瘍の摘出手術になります。
また、胃がんの手術は胃がん進行状況によって、その方法の変わってきます。
胃がんはがん細胞を手術で摘出すれば、完治する方も多く、大きく改善する患者がほとんどです。

ごく初期に、定期検診などで発見された早期胃がんであれば、内視鏡による摘出手術が可能になります。この場合であれば、胃の表層に腫瘍はあり、胃そのものの切除はないでしょう。
また、リンパ節への転移がなければ、レーザーの照射で腫瘍を焼くことも可能です。
レーザー治療であれば、胃の一部やリンパ節の切除をしなくても済みます。

胃がんの状態が進行胃がんになり、胃の粘膜の深部やリンパ節への転移が診られると、胃の臓器そのものやリンパ節の切除が必要になります。
このような状態になれば、開腹手術で体力的にも患者に負担が掛かります。また回復にも時間がかかります。

大がかりな手術が必要な場合のありますが、これですべてのがん細胞が切除できるとは補償できません。
もし、少しのがん細胞が切除されずに残っていれば、がんは再発や転移をするでしょう。

胃がんの手術が胃の大部分の摘出手術になれば、胃の機能の回復を行わなければなりません。
これは、食べ物を消化する機能の回復です。


胃がんの手術は、発症したがん細胞の摘出手術ですが、このがん細胞がどれほど胃とその周辺のリンパ節に広がっているかで、がん細胞や胃やリンパ節の摘出料が変わります。
摘出手術の目的は、少しのがん細胞も残さずに摘出することです。

出来る限り的出漁を減らすためには、胃がんの早期発見で早期に治療することが重要になります。
胃がんは予防することも大切ですが、年に一度のがん検診で、出来る限り早期に発見することも重要になります。



<PRサイト>
腹筋の鍛え方
腹筋の鍛え方、筋トレ方法。腰を痛めない腹筋と下腹の引き締め。
痛風
痛風がもたらす全身の症状、合併症、偽痛風、プリン体、尿酸値。