胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん胃摘出手術後の合併症

胃がんの摘出手術には、手術後のリスクがあり、これは術後の合併症です。
この合併症は、胃の摘出や消化機能の回復を行った患者に診られます。

胃がんの手術後に起こる合併症にはふたつの種類があり、手術後の時間の経過で症状が変わります。
手術後まもなく現れる合併症が、肺炎や縫合不全といった合併症です。
この合併症については、治療をを受ければ必ず改善が診られますので、症状が現れたら治療を受けましょう。

もう片方の合併症は、胃がんの手術後のしばらく経ってから現れる症状で、こちらは少し厄介な合併症になります。
その合併症は、貧血、ダンピング症候群、輸入脚症候群、輸出脚症候群があります。

貧血については、治療を受けることで改善が診られますので、医師の指示の元で治療を受けます。
胃がんの手術後の合併症で最も問題となる症状が、ダンピング症候群、輸入脚症候群、輸出脚症候群です。
この症状について説明します。

ダンピング症候群は、多くの方は食後に現れる症状で、異常な発汗や顔の赤らみや疲労感脱力感という症状を感じます。
この症状が現れる原因は、胃がんの切除手術で胃をなくしたため、食べたものが短い時間に小腸へ流れることが原因で起こる症状です。
この改善には、食事はゆっくりと行うようにし、食べ物の流れを遅くします。

輸入脚症候群(ゆにゅうきゃくしょうこうぐん)は、腹部が張った感じがあり、背中に痛みを感じ、腹痛の症状が現れます。
また、輸出脚症候群(ゆしゅつきゃくしょうこうぐん)は、寒気などの悪寒や吐き気の症状が現れます。

いずれの症状についても、専門医の診断のもとで適切な治療が必要になります。
この合併症は胃がんの切除手術で、胃を切除したことがもとの原因になります。
できることなら胃を切除しないで、胃がんを回復できればこれらの合併症は回避できます。