胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんと胃の切除後の食生活について

胃がんの治療で最も効果がある治療法は、胃がんの腫瘍を取り除く外科手術です。
胃にできたがん細胞の腫瘍をすべて取り除くので、胃がんの根治術になります。がん細胞の腫瘍ができた箇所によって、胃を取り除くこともあります。
また、腫瘍が小さければ、胃を取り除くことは避けられます。

胃がんの腫瘍が、食堂側の噴門という食堂とつながっている部分にできた場合は、胃は全部摘出しなければなりません。
しかし、これとは反対の幽門側にがんの腫瘍ができた場合は、幽門側胃切除といい、胃を全体の2/3から4/5ほど切除することで済みます。

胃の切除手術は全身麻酔を施して行われます。
胃の切除手術は、ケガで手術するような大がかりな手術ではなく、輸血もほとんど必要のない手術になります。

胃の切除手術は、摘出したがんの腫瘍を顕微鏡で観察しながら、更に胃の切除を行うか判断します。手術前の診断よりがんの進行が進んでいるようであれば、更に胃とがん細胞の腫瘍を摘出します。
胃の摘出手術は、胃とがん細胞の腫瘍を切除し、食堂側と小腸側を結合しなければなりません。
その為には切断と縫合が同時に行える器械が必要になります。

胃がんの胃の摘出手術は、術後の生活に慣れるまで、少しの時間が必要になります。
胃の摘出後は、以前のように食事が行えなくなり、食事量は格段に減ります。
また、様々な合併症を併発することが多く、以前とは全く違った食生活になります。

胃の切除手術後の食生活が一番変わることは、一度に食事が済ませなくなり、何回かに分けて食事をしなければなりません。
食後に身体を横にすると、食べたものが逆流する逆流性食道炎の心配もあります。
手術後は様々なことの変化や、気を付けなければなければならないことが増えます。