胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんを克服するためにエントリー一覧

胃がん再発防止と経過観察
胃がんにかかって治療を受けた方は、必ず経過観察を行います。経過観察とは、胃がんの治療の後、または胃がんの摘出手術後の状態を診ることで、がんは再発の恐れのある病気ですから、再発についても検査をして診ます。摘出手術後は、胃が正常に回復しているか検査をし、再発のリスクは高くなっているので、これについても調べます。胃がんの再発は、以前より短い時間に発症しますので、経過観察は頻繁に生涯行われます。しかし、胃がんの治医療が早い時期の早期胃がんの段階で治療を行い、再発恐れが低い場合は、経過観察の頻度は少なくな...
胃がんの検診は定期的に
胃がんの検診は、様々な検査がありますが、一般的な内視鏡検査とX腺検査について、ご紹介します。胃がんは早期に発見されれば、治療も軽く済み、胃がんの再発のリスクも少なくなりますので、検診は定期的に受けるようにしましょう。胃がんの検診は、まず最初にX腺撮影による胃の検査が行われます。X腺撮影は、バリウムという造影剤飲み、胃の中の凹凸を確認する検査です。一般に言うバリウム検査ことで、苦手な方も多いでしょう。バリウムは、便が硬くなりがちですが、検査後に下剤で排便すれば問題はありません。便秘がちな方は心配さ...
胃がん治療の大切なこと
胃がんの治療で大切なことや、注意しなければならないことを考えてみます。胃がんの治療は、医師と患者の間で行われます。患者は、まず、医師を信頼しなければなりません。患者が医師を信頼しなければ、すべての治療に疑問が持ち上がり、適正な治療が行えなくなります。また、患者も不審を抱きながら治療を受けていても、早く改善は期待できません。胃がん治療にかかわらず、疾患の治療には積極的に参加することです。医師の指示に従うことはもちろんですが、何もかも任せきりで治療を行うのではなく、治療に興味を持って、解らない事や疑...
胃がん治療について
胃がんの治療には、いろいろな心配があります。胃がんの治療には、外科手術や放射線療法、抗がん剤などの薬物路湯法などがあります。これらの胃がんの治療には、リスクや副作用、また合併症や手術後の生活に対するショックやストレスがあります。胃がんの治療を始める前には、担当する医師と十分に治療方法などを、話し合うことが大切になります。治療方法は胃がんの進行状況や症状によって違いますが、例えば抗がん剤を使う治療であれば、この抗がん剤の副作用について、十分に理解が必要です。がん治療には欠かせない抗がん剤は、強い副...
胃がんと宣告されたときの対応
胃がんがあなたから発見され、治療を受けなければならなくなったら、まず、胃がんを克服することを考えましょう。胃がんの宣告に少しでも落胆すれば、そこから病魔は精神的に襲ってきます。病気に負けないことは、強い意志が必要です。胃がんに立ち向かうには、まず敵を知ることです。胃がんについて、担当医師から一通りの説明は受けているでしょう。しかし、胃がんについてはまだまだたくさん知ることがあり、勉強することはたくさんあります。こうして、胃がんについてとても詳しくなると、胃がんに対する恐怖感は薄らいできます。また...