胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん再発防止と経過観察

胃がんにかかって治療を受けた方は、必ず経過観察を行います。
経過観察とは、胃がんの治療の後、または胃がんの摘出手術後の状態を診ることで、がんは再発の恐れのある病気ですから、再発についても検査をして診ます。

摘出手術後は、胃が正常に回復しているか検査をし、再発のリスクは高くなっているので、これについても調べます。
胃がんの再発は、以前より短い時間に発症しますので、経過観察は頻繁に生涯行われます。
しかし、胃がんの治医療が早い時期の早期胃がんの段階で治療を行い、再発恐れが低い場合は、経過観察の頻度は少なくなります。
この場合の経過観察は、一般的に一年に一度の検査、診察が行われます。

これとは反対に、更に進行した進行胃がんの治療や摘出手術を行った場合の経過観察は、一般に毎月一回の検査、診察が必要になります。
また、スキルス胃がんの場合も、もし摘出されていないがん細胞があれば、再発する恐れがありますので、同様の経過観察になります。


経過観察で行われる検査は、採血やX線、超音波といった検査が行われます。
経過観察は痛みを伴う検査はありませんが、その後の身体の状態が良好だと、経過観察に来院しない方が増えます。
しかし、これはとても危険なことで、一度がんが発症すると、通常の方より再発しやすくなります。

胃がんの治療を行った方は、以前よりも食生活に気を付けなければなりません。
また、胃の摘出手術を行い、胃を摘出した方は、食生活が一変しますので、特に気を付けて経過観察が必要になります。
治ったからといって油断はできません。まだ、再発の恐れがあります。

経過観察は、自分勝手な判断で止めず、必ず受けるようにしましょう。
胃がんに一度かかると、がんは再発しやすいことを忘れないようにしましょう。