胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん治療の大切なこと

胃がんの治療で大切なことや、注意しなければならないことを考えてみます。

胃がんの治療は、医師と患者の間で行われます。
患者は、まず、医師を信頼しなければなりません。
患者が医師を信頼しなければ、すべての治療に疑問が持ち上がり、適正な治療が行えなくなります。また、患者も不審を抱きながら治療を受けていても、早く改善は期待できません。

胃がん治療にかかわらず、疾患の治療には積極的に参加することです。
医師の指示に従うことはもちろんですが、何もかも任せきりで治療を行うのではなく、治療に興味を持って、解らない事や疑問に思うことは、医師に質問して問題を解決することです。

これは大切なことで、今、自分はどのような治療を行って、何を目標に治療を行っているのか、いつも確認することが大切です。
治療の目的は完治することですが、まず、少し先の目標を決めることが大切です。
これは、目標を定めやすく、治療に希望を持つことができますので、患者には励みになります。

胃がんは、深刻な場合、延命治療という最悪の場合も考えなければなりません。
しかし、このことばかり考えていては、治療は前へ進みません。
胃がんの治療は、治す意志をしっかりと持つことも大切で、これは看病する家族に対しても同じことです。


胃がんの治療に大切なことは、治療に向かう患者の気持ちです。
治療期間が長期化すると、なかなか強い意志も衰えがちになりますが、これを支えるのが家族でありますので、家族もしっかりとした意志が大切になります。

胃がん治療に大切なことは、患者の治すという強い意志です。